連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第4回)です!

今月のエッセイは、 「MY猪口呑兵衛会」代表の 山口優子さん にお願いしました。 この方は、デザイン会社のトップとしてご多忙の中、女性経営者を中心に日本酒ファンの会を結成し、年間数回の会を主催しておられるとても頼もしい方です。

 

 

「日本酒を絡めて、日本人の感性を伝えたい!」

 

MY猪口呑兵衛会」のメンバーの山口優子です。MY猪口呑兵衛会」とは、中小企業企業家同友会(全国組織・会員約40,000名)東京女性部同好会の一つです。「自分の気に入りのお猪口を酒場に持参して、日本酒を楽しみましょう!」というシンプルな主旨で、日本酒好きの女性を中心に活動して2年になります。

 

先日29日(金)に、東京浅草のお蕎麦屋さん(そばハウス・大自然)で、第8回目が開催されました。日本酒ライスパワーネットワーク様が協賛してくださいました。今回は「温度帯を楽しむ」というテーマで、常温・湯煎・蒸燗など楽しみ、家庭でも実践できるようにと、セルフで蒸燗が出来るコーナーも設けて、皆さん予想以上に楽しまれていたのが印象的でした。

 

酒宴中、私は皆様の「MY猪口」を写真に収めさせていただき、それぞれのお話を伺うことが出来たのがとても楽しかったです。今回は、山口県の酒井酒造(株)代表取締役・酒井秀希様と、長野県の武重本家酒造(株)代表取締役・武重有正様 がご参加くださり、さすがと思わせるお猪口を拝見させていただき、陶磁器好きの私には感激の会となりました。

 

 

酒井社長のお猪口は「唐津焼・小林東五作・井戸盃」

 

奇をてらわないシンプルな盃の形状と日本人独特の「侘・寂」の色合いの中に、虹色に輝く釉薬の味わいは、お茶文化の流れによるものでしょう。日本人ならではの感性によるものなのだと、改めて気付かされました。日本人は奥ゆかしいですよね。お値段・・・桁違いかと・・・。

 

もうおひと方の武重社長のお猪口には「やられたあ~!」の一言です。

 

テーマの「燗酒」を頂くにはこれです!さすが、燗酒コンクール最高金賞受賞蔵の社長さんです。昭和初期の逸品で、大量物ではありますが、貴重な日本酒(燗酒)を頂くという日本人の心が表れていて、非常に風情を感じるお猪口です。骨董好きの私もこのような盃を持っていますが、本日持参せず「やられたあ~」が実感でした。

 

酔う為のお酒ではなく、お酒を通じて焼き物や伝統・お料理を楽しみ、心を豊かにする日本酒のあり方がわかる、呑兵衛になりたいものです。

 

【山口優子さんはこのような方です】

日本酒利き酒師/有限会社J-ART 代表取締役/グラフィックデザイナー/お酒専門誌「古典酒場」デザイナー/東京中小企業家同友会女性部同好会「MY猪口呑兵衛会」会長

 

      ・・・・・・・  ・・・・・・・  ・・・・・・

 

  山口さんのエッセイを補完する意味で、盛況でした「(日本酒の)温度帯を楽しむ会」のスナップ写真を掲載させて頂きます。

 

 

会場: 蕎麦店「大自然」

 

 

「大自然の」経営者・金野和子さん(日本酒向きの美味しい料理を沢山提供してくださいました。)

 

 

SRNが協賛しましたお酒は、

     1.  武重本家酒造『牧水きもと本醸造』

     2.  酒井酒造    『五橋 純米吟醸』

     3.  一ノ蔵       『一ノ蔵 特別純米酒辛口』

 

 

「蒸し燗」の様子

 

 

リーダーの方々の音頭によりMY猪口呑兵衛会・10の心得」を読み上げます。

皆さんが大笑いしたのは、「心得(8): 酒と女は2合(2号)まで」。ユーモアがあってよいですね

 

 

 

宴も酣、山口さんもご機嫌です。

 

 

締め括りに、ギャラリ~「animo/アニモ」 を運営しておられる ㈱堀澄 代表取締役・ 堀田澄子さん が登場。

日頃静かなこの方が、何と「みんながんばっとるか!」など気合十分の掛け声と激しい演舞・・・皆唖然としていました。日本酒効果なのでしょうね。「女性部」は多士済々で頼もしい!

スポンサーサイト
2018-02-15(Thu)
 

蔵元情報 2018年2月

■■■イベント■■■

 

酔仙酒造

 

三陸鉄道「酔仙新酒列車」のお知らせ   201826日更新

 

三陸鉄道様主催による企画列車「酔仙新酒列車」が224日(土)運行致します!

当日は、盛駅を出発し、釜石駅を折り返す約2時間の旅♪

車内では、酔仙自慢の旬の美酒をご用意!

利き酒大会やビンゴ大会も予定されておりますので、ぜひお楽しみください!

◆開催日   224日(土)

◆参加費用  1名 3,900円(運賃、飲食代)

◆募集人数  40

◆申込〆切  220日(火)まで

詳細は三陸鉄道HPをご覧ください。

【申し込み、お問い合わせ】

三陸鉄道(株)盛駅 TEL0192-27-1504

suisen1.jpg  

 

一ノ蔵

 

「お鍋のおともに一ノ蔵」キャンペーン開催中!

 

ichinokura4.jpg

 

あったかお鍋が恋しいこの頃、一ノ蔵では2月28日までお鍋料理と一ノ蔵の写真を募集しております。写真にコメントと「#お鍋と一ノ蔵」を添えてツイッター、インスタグラム、フェイスブックへご投稿ください。また、ツイッター、インスタグラムをお持ちでない方は、フェイスブックもしくは下記メールアドレスへ件名に「お鍋のおともに一ノ蔵」として、画像とコメントを添えて送信して頂ければご参加いただけます。

アドレスはsake@ichinokura.co.jpです。

投稿された方から抽選で5名様に「松山天 純米大吟醸」720ml1本をプレゼント致します。

皆様、ふるってご参加ください!!お待ちしております( ´∀` )ノシ

 

 

第25回大阪一ノ蔵を楽しむ会開催のご案内122日更新

 

ichinokura5.jpg  

 

年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、今年は下記の日程で開催いたします!

当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの一ノ蔵商品の数々を、酒の肴と共にお楽しみいただきます。また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、お酒についてもお話いたします。会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますようご案内申し上げます。

 

<日 時>

平成30年4月17日(火)18:30~20:30

<会 場>

ホテル阪急インターナショナル(4F紫苑)

 大阪市北区茶屋町19-19 ちゃやまちアプローズ内

※会場でチケットの販売は行っておりません。

<定 員>

 先着800名様

※完全予約制となります。当日の受付は行っておりません。

<会 費>

お一人様5,400円(税込・立食式)

<チケットご購入方法について>

2018年3月5日(月)11:00~4月9日(月)18:00迄に

チケット販売サイト「e+(イープラス)」にて事前にご購入ください。

定員に達し次第受け付けを終了致します。

LinkIconチケットのご購入はこちら

 

六歌仙

 

蔵参観2018開催のお知らせ

 

rokasen7.jpg  

 

大変お待たせいたしました、今年も蔵参観を行います!

今年のテーマは『新化』。いつもとは一味違った六歌仙をお見せできるよう、準備中!おいしいお酒と食べ物をご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

六歌仙の酒蔵参観は今回で13回目を迎えます。

年々いらっしゃるお客様も増え、地域のイベントとして根付いていっていることを大変ありがたく思います。今回のテーマである『新化』は、回数を重ねたマンネリの打破、そして新たなる六歌仙への進化という意味を込めております。

六歌仙の『新化』、ぜひおいでになってご覧ください。

 

日付  201833()4()

時間  10001600

場所  株式会社 六歌仙 999-3702   山形県東根市温泉町3-17-7

    TEL  0237-42-2777

 

 

橘倉酒造

 

橘倉の新酒を楽しむ会 in 東京 20180323

 

寒造りの最盛期を迎え、蔵内はキリッとした雰囲気に包まれている今日この頃です。

そこで本年もご愛顧を賜っております皆様に

「橘倉の新酒を楽しむ会2018をご案内申し上げます。

 

本年の新酒、橘倉の定番酒を味わっていただきながら、ご歓談のひと時をお過ごしください。

当日、一昨年オープンいたしました橘倉資料室「不重来」館より江戸時代 歌川広重の浮世絵作品「江戸高名会亭図」13点の展示もいたします。

ご多忙の時期とは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

◎日時:平成30323日(金)19時~開宴

◎場所:一ツ橋「如水会館」スターホール

    千代田区一ツ橋2-1-1

    地下鉄竹橋駅 1b出口 徒歩4

◎会費:お一人様 6,000円(ビュッフェスタイル)

◎お申込み 電話またはe-mailFAXにて承ります。

    申込者のお名前、連絡先、同伴者のお名前(フルネーム)をご明記の上

    下記の方法にてお申し込みください。

 橘倉酒造 電話 0267-82-2006

      FAX 0267-82-2413

      E-mail info@kitsukura.co.jp

 

 

武重本家酒造

 

武重本家酒造の 酒 蔵 開 放

 

2018年3月21日(水曜日・祝日) 開催いたします

年に一回の「酒蔵開放」の日(毎年、春分の日に開催)には、工場(酒造蔵)の中をお見せしています。(延べ2万人以上の方がご覧になっています)

さらに、その年の新酒のほとんどと、通常商品のほとんどがきき酒できます。少なくとも30種類以上のきき酒が可能です。

いろいろなお酒を飲んでいただいた反応が直ぐに分かるというのはとても有り難いことで、この蔵開放で評判の良かったお酒がいくつも新商品となっています。

 

詳細は、http://www.takeshige-honke.co.jp/takeshige/kaihou/2018/kaihou_2018_notice.html

 

富久錦

 

17回 「はりまの食と富久錦を楽しむ会」を開催いたします。  2018.01.30

 

 fukunishiki14.jpg

 

毎年、春と秋に開催している「はりまの食と富久錦を楽しむ会」を来る平成30415日(日)に開催いたします。

土壌豊かな播磨平野、魚介類の宝庫である、播磨灘…海と山に囲まれ自然が豊かな播磨地域は、四季折々に旬の素材があります。

今回は、春に旬を迎える播磨の山海の食材を用いて、素材を大切にしたふく蔵らしいお料理と春の旬酒をお楽しみいただきます。

この会もおかげさまで一七回目を迎えることができました。はりまの魅力をたっぷりとご堪能くださいませ。

皆様のご参加をぜひお待ちしております。

山陽電車高砂駅・JR宝殿駅からの送迎バス(有料)もご用意しています。

 

■ご予約・お問い合わせは、ふく蔵まで。 0790-48-2005

 

神戸酒心館

 

『神戸酒粕 郷土料理化宣言!』が始まります

 

kobe19.jpg  

 

岡本商店街と神戸酒心館ががっちりとタッグを組んで「しぼりたて酒粕料理を堪能できる1ヶ月」をご用意します。

2016年から始まったこのコラボレーション企画。

 

2018年は岡本商店街エリアと神戸酒心館に加え、KOBE MARCHÉの全面協力を得て、Umie・メリケンパークエリア、中山手〜北野エリア、三宮エリアが参加しての28日間、合計35カ所で福寿の酒粕料理を楽しんでいただけます。

また211()には無料の「酒粕美容セミナー」も神戸酒心館で開催(申し込み先着順・20名定員・申込先 神戸酒心館 tel. 078-841-1121

 一日に一カ所では回りきれないこの企画。ぜひ「はしご酒粕」と洒落てみてください!

 

 

賀茂泉酒造

 

15回賀茂泉蔵開きのご案内 (2018-02-07 発信) new

 

kamoizumi22.jpg  

 

今年で、15回目となります、賀茂泉の蔵開きを47日土曜日に開催いたします。

今年も賀茂泉の蔵開きを47日土曜日に開催いたします。

お酒の醸造蔵の中で発酵を肌で感じてください。

その他にも、鏡開きや酒造り唄、この日だけの限定酒の量り売り、美酒鍋・竹酒・焼き牡蠣・・・など、社員の手作りのイベントです。

皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。

 

場所:賀茂泉酒造㈱本社及び酒泉館

   広島県東広島市西条上市町2-4

時間:AM10時~PM3

アクセス:JR西条駅下車、酒蔵通りを東へ徒歩約7

詳しくは、http://www.kamoizumi.co.jp/pdf/t20180207-152842-3.pdf

 

 

■■■試飲会■■■

 

一ノ蔵

 

一ノ蔵試飲会・催事情報をお知らせします。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

<宮城県内>

(仙 台)29日~212日………酒仙蔵吉岡屋エスパル仙台店(エスパル本館地下1階)

(仙 台)223日~225日……仙台三越(酒売り場地下1階)

(仙 台)32日~34日…………地酒とWineのお店ケヤキ(JR仙台駅1階)

(仙 台)323日~325日………酒仙蔵吉岡屋エスパル仙台店(エスパル本館地下1階)

 

<宮城県外>

(東 京)27日~213日………西武池袋本店(酒売り場地下1)

(神奈川)38日~311日………日吉東急avenue(酒売り場1)

(千 葉)321日~327日………そごう千葉店 宮城県の観光と物産展(催事場6)

(東 京)329日~44日………東急百貨店渋谷駅・東横店(南館酒売り場地下1)

 

<海 外>

(シンガポール)29日~211日……明治屋 名門酒旧正月フェア

未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。予めご了承ください。試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

 

 

酒造

 

地酒無料試飲会(日本酒女子倍増計画)を開催

 

◇日時・会場

開催期間 / 2018223日(金)

会場 / チェンバおおまち(レンガ通り東邦銀行本店向い)にて地酒無料試飲会を実施します。

所在地  チェンバおおまち  〒960-8041/福島県福島市大町4-15

”日本酒女子倍増計画”をテーマに女性に人気の甘口のお酒はもちろん、奥の松お勧めの日本酒もご用意!お誘い合わせの上、是非お立ち寄り下さい。

 昼の部/12:00~13:30

 夜の部/17:00~18:30

 主催/街の情報空間 kitasan  TEL024-529-6361

 

 

神戸酒心館

 

《福寿 2月の試飲宣伝販売のご案内》

 関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。

どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみください。

 

【関東】

・松屋 銀座店            2月7日(水)~2月13日(火)

・丸広百貨店 川越店        2月17日(土)~2月18日(日)

・オーソリティ 小田急百貨店新宿店 2月21日(水)~2月27日(火)

            

 

今西清衛兵商店

 

春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新

以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。

日時/平成30 2 6日~ 214日 三越 札幌店(北海道)

日時/平成30 215日~ 221日 京急百貨店(神奈川県)

日時/平成30 221日~ 227日 小田急百貨店 町田店 (東京都)

日時/平成30 228日~ 3 6日 阪神百貨店(大阪府)

日時/平成30 3 7日~ 313日 オーソリティ 小田急百貨店本店 (東京都)

日時/平成30 3 8日~ 314日 京阪百貨店 守口店(大阪府)

日時/平成30 3 8日~ 314日 東急百貨店 吉祥寺店 (東京都)

日時/平成30 315日~ 321日 東急百貨店 たまプラーザ店(神奈川県)

日時/平成30 320日~ 326日 そごう 西神店(兵庫県)

日時/平成30 328日~ 4 3日 高島屋 大阪店(大阪府)

日時/平成30 329日~ 4 4 東武百貨店 池袋店 (東京都)

日時/平成30 329日~ 4 4日 京阪百貨店 京橋店(大阪府)

 

 

梅錦山川

 

梅錦 2月のイベントのご案内

2018.2.6(火)~12(月) ■そごう横浜店にて梅錦の試飲販売 

2018.2.15(木)~18(日) ■「愛媛物産フェアー」大阪なんばダイキ店にて試飲販売    

2018.2.16(金)      ■ワインショップ西川にて「山川流しぼりたて」試飲販売

 

■■■製品情報■■■

 

酔仙酒造

 

オンラインストアにて「春いちしぼり」好評発売中!  201828日更新

 

suisen2.png  

 

本日、オンラインストアにて純米生貯蔵原酒「春いちしぼり」の販売を開始致しました。

 

◆◆春の訪れを告げるフレッシュな生貯蔵原酒◆◆

岩手県産米100%で仕込み、搾り立ての純米酒を原酒のまま瓶詰め火入れし仕上げました。

立春から桜の彩る季節、晩酌やお花見のお酒としてピッタリな商品です。

また、春らしいパッケージで贈り物にもオススメです。この時期だけの搾り立ての味わいをぜひお楽しみ下さい。

春いちしぼり】

特徴:芳醇中口

使用米:岩手県産米

アルコール度数:17度以上、18度未満

詳細・ご購入は酔仙オンラインストアから

容量/価格:720ml1,350(税込)1,800ml2,700(税込)

 

吟ぎんが あらばしり

       suisen3.png  

 

フレッシュな岩手の吟醸酒

岩手県オリジナルの酒造好適米「吟ぎんが」を100%使用した純米吟醸生原酒です。

吟ぎんが あらばしり

アルコール度数 16度以上17度未満

容量/希望小売価格 720ml1,620円(税込) 

販売期間 1月中旬〜3月頃まで

【精米歩合】50%

 【使用米】吟ぎんが

 【使用酵母】ゆうこの想い

 【日本酒度】+1.0

 【酸度】1.6

 【特徴】芳醇中口

 

一ノ蔵

 

215日出荷開始】季節限定『金龍 純米吟醸しぼりたて生原酒』

 

ichinokura6.jpg  

 

金龍しぼりたて.jpg立春を過ぎ、暦の上では春を迎えたものの、寒い日が続いています。

今回は金龍蔵の会・季節限定品の「金龍 純米吟醸しぼりたて生原酒」をご紹介します。

本品は宮城県栗原市にある一ノ蔵の第二蔵金龍蔵にて醸される純米吟醸の生原酒です。原料米には契約農家にお願いして減農薬・減化学肥料により大切に育てたお米を使用して、我が子を育てるように昼夜を問わず醸しました。今年はお米の品質が良く、醪でお米の融けをコントロールしながら醸すことができましたとのこと。できたお酒はフルーティーな香りと柔らかな口当たりを楽しめるお酒に仕上がりました。

 「金龍 純米吟醸しぼりたて生原酒」で、温かい夜をお過ごしください。

<金龍純米吟醸しぼりたて生原酒【要冷蔵】>

◆精米歩合:55

◆アルコール分:17

1.8リットル:2,952+  720ミリリットル:1,476+

 

六歌仙

 

六歌仙 生商品発売のお知らせ 

 

都心にも積もるほど雪が降ったとNEWSで報道される寒い日が続きます。

今も酒造りが続く中、生酒のご案内です。できたての若さの残る酒をお楽しみください。

山法師 大吟醸中汲み生

rokasen8.jpg  

 

     21()発売

搾りの中汲み部分を低温熟成させての登場です。

大吟醸らしい吟味があり柔らかくすっきりとした飲み口です。

香も華やかにそして軽快に楽しめます。

日本酒度:+2    精米歩合:50

1800ml   3,200(税別)

720ml   1,600(税別)

 

山法師 純米生

rokasen9.jpg  

  

     27()発売

農大酵母アベリアを使用した純米酒です。

華やかな香りと独特の酸味が楽しめる味わいは飲み飽きしません。

冷でも常温でもぬる燗でも楽しめます。

日本酒度:-4    精米歩合:70

1800ml   2,200(税別)

※山法師は特約店のみの販売となっていますので、お近くのお店をご紹介しております。

 

 

春のしぼりたて(生貯蔵酒)

 

     okunomatu10.jpg  

 

季節の限定品/春のしぼりたて

大寒から立春までの一年のうちで最も寒い季節に仕込まれた、春を迎える縁起の酒です。

容量/720ml

日本酒度/+1.0

アルコール度/17

酸度/1.6 (予定)

使用酵母/奥の松酵母

精米歩合/60%

 

千曲錦酒造

 

純米 藤村のにごり酒

chikumanisiki11.jpg  

 

千曲川 いざよう波の

岸ちかき 宿にのぼりつ

にごり酒 にごれる飲みて

草枕 しばしなぐさむ

 

 文豪・島崎藤村の名作「千曲川旅情のうた」の一節をもとに名付けられた「藤村のにごり酒」。千曲川の岸ちかき宿でにごり酒を飲んだ藤村に思いをはせ、同じにごり酒で「しばしなぐさむ」という心境に浸ってみては。とろりとした甘みと純米ならではの旨味に豊かを感じます。

アルコール 15

日本酒度 30 

酸度 2.0前後

原料 米・米麹 

麹米 美山錦(信州産)

掛米 信州産一般米

精米歩合 65

 

花の舞酒造

 

2018 バレンタインパッケージ

純米グラスセット

hananomai12.jpg   hana23.jpg

 

のみきりサイズの純米酒とぐいのみグラスをセットにしました。

お酒好きの方への贈り物にどうぞ。

容量180ml   本体価格 500円(540円税込)

 

富久錦

 

新酒 『純米吟醸生酒 早春の播磨路』   2018.01.15

 

fukunishiki13.jpg  

 

播磨の風土を体現する「播磨路シリーズ」から春季限定酒が蔵出しとなります。小花咲く、穏やかな春の播州平野の風景そのままの春らしくやさしいお酒です。

 

2018.1.15  新発売「特別純米 兵庫夢錦しぼりたて」発売中です。数量限定です。

 

2018.1.30  【春季限定】生もと純米「播州古式 生原酒」は、38日発売です。

 

fukunisiki15.jpg  

 

力強い旨みとキレる酸  

古式醸造法の旨みある酸味と濃い旨み、現代的発酵のあと口の良さ、両方を兼ね備えた生酛純米生原酒です。

原料米 : 加西市産山田錦 

精米歩合 : 75% 

アルコール分 : 16

1800ml 2,600(税別) / 720ml 1,300(税別)

 

神戸酒心館

 

2月】季節のおすすめ限定酒

 

      kobe16.jpg  

 純米吟醸 うすにごり 生酒

ノーベル賞公式行事で振舞われた純米吟醸のうすにごり生酒

うっすらとにごりを含んだ純米吟醸の生酒は、口に含むたびに現れる様々な香りと幾度でも飽きることがない際立った香味の世界が楽しめるお酒です。純米吟醸をおりの部分まで生で楽しめるのは蔵元ならではの特別限定酒です。

720ml 4180(税込)

90ml  650(税込)

60ml  450(税込)

  

   kobe17.jpg  

  純米吟醸 原酒

ノーベル賞の公式行事で振舞われた純米吟醸の原酒

ノーベル賞受賞式の晩餐会やナイトキャップパーティーなどで振る舞われたのが「福寿 純米吟醸」。加水したお酒よりも、お酒本来の味わいを楽しむことができるのが原酒ならではの特徴。通常の純米吟醸よりも濃醇で深みのある味わいを純米吟醸と飲み比べてお楽しみください。

720ml 3980(税込)

90ml  620(税込)

60ml  430(税込)

 

   kobeP18.jpg  

 純米にごり生酒

お米の旨みが詰まった純米にごり酒の生酒

 白く濁ったもろみを荒く濾して造るお酒はにごり酒と呼ばれています。にごり酒は、お米の旨みをたっぷり含んだ白い小さな米粒などが残っており、まろやかなで素朴な味わいを楽しむことができるお酒です。純米にごり生酒のしぼりたての「旨味」と「香り」をお楽しみください。

720ml 3050(税込)

90ml  470(税込)

60ml  330(税込)

 

今西清衛兵商店

 

春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり 生酒 (毎年2月初旬頃~発売)

 

imanisi19.jpg  

 

 ☆限定品☆ 要冷蔵

 発酵中のもろみを荒ごしし、瓶詰めしました。

 香り高く発泡性のある『活性にごり酒』。

 限定品です。

●アルコール分:15

●原料米:山田錦

●精米歩合:50%

●日本酒度:±0

「しろみき」の開栓には十分ご注意下さい!  

 例年通り、元気よく、瓶内で2次発酵しております。

当店特別価格720ml  2,268(税込)  300ml  972(税込)  180ml  648(税込)

 

◇賀茂泉酒造

 

無濾過朝搾り生原酒   平成30年2月16日限定蔵出し!

 

kamoizumi20.jpg  

 

その日に搾ったお酒をすぐにお届け。蔵元でしか飲めなかったお酒をお楽しみください。

搾ったばかりのお酒をそのまま瓶詰めします。
まだ、発酵中の炭酸ガスを感じる、まさに旬のお酒です。

広島県内では、その日の夕方には店頭に並びます。

お近くの広島県内酒販店にてお申し込みください。

下記のFAX申し込み書または賀茂泉オンラインショップより直接申し込む事も可能です。

 

2018-02-12(Mon)
 

丹山酒造(京都府亀岡市)の若き女性社長が全国紙で取り上げられました!

 若くして杜氏を経験され、いまでは若き女性社長として頑張っておられる 丹山酒造長谷川 渚さん=写真) から嬉しいニュースが届きました。

 

ブログ:丹山・写真12

 飯櫃(ぼんき) 」を手に長谷川さん

 

丹山・写真0

 

  2月6日付『読売新聞』全国版「就活ON SPECIALにおいて 、全面に同蔵の紹介記事と渚さんのインタビュー記事が掲載されたのです。

女性でありながら杜氏を志し今は数少ない若き女性社長として蔵を率いておられる渚さんの回想がインタビューの内容になっていますがそのまま掲載しましょう。

 

  

 

「百年の酒蔵 手を抜かない」

長谷川 渚

丹山酒造5代目当主

 

 午前6時、私が社長を務める丹山酒造(京都市亀岡市)で日本酒づくりが始まります。

蒸した米、こうじ、水をタンクに入れてお酒のもとになるもろみを仕込む作業。24基あるタンクごとに発酵させる期間や温度を変えてもろみを絞り、澄んだ部分が新酒になります。

 

 創業136年で私は5代目。女性の当主は初めてです。子どものころ、酒蔵は私の遊び場でした。新酒の香りや職人たちの活気にひかれ、将来は3歳年上の姉と後を継ごうと思い、社交的な姉は営業、私は杜氏を目指しました。高校を出て滋賀県の酒蔵で修業し、東京農業大の研究室で発酵について学び、19歳で実家に戻りました。

 

 すでに姉は営業担当として働いており、私は酒造りの担当になりました。最初の1ヵ月はひたすら掃除。その後は「見て学ぶ」方式で仕事を覚えました。女人禁制ともいわれる世界は、重さ約30キロの米袋を運ぶのに苦労し、低温でもお酒を発酵させるため氷点下にもなる環境では指がかじかみ、辛かったです。

 

 蔵に入って1年目、周囲の勧めで自分の名前が入った「」というお酒を造りました。当時は茶色の「1升瓶」(18リットル)が主流でしたが、ワインボトルのようなデザインで500㍉・の飲みきりサイズにしました。さらに、アルコール分が通常の約半分の「飯櫃(ぼんき)」、レモンやユズを絞って飲む微発泡酒「JAPON(ジャポン)」などで新たな飲み方を提案し、女性や外国人を中心に人気が出ました。

 

    30歳のとき、長年、働いてもらった杜氏の男性に「引退するから後を頼む」と託され、私が杜氏になりました。その後、姉が結婚して蔵を離れたのを機に営業も担い、父の後を継いで社長になりました。

 

 2年前から新たな杜氏を雇い私は経営に専念。百貨店の販路を広げ、催事などにも積極的に出展しながら少しずつ売り上げを伸ばしています。時代に合わせるだけでなく、伝統を守った酒造りの基本に立ち返ろうと、酒米の自社栽培にも取り組んでいます。お客様から「今年のはおいしいね」と声をかけていただけるのがうれしいです。

 

 手を抜くと自分に跳ね返ってくるけど、手間をかけた分だけ結果もよくなる。どんな仕事にも通じることだと思います。

2018-02-09(Fri)
 

「ダボス会議」イベントの乾杯酒に ”奥の松 大吟醸雫酒 十八代伊兵衛” が登場しました!

 「ダボス会議」は、毎年1月、スイスのジュネーブに本部を置く非営利団体「世界経済フォーラム(WEF)」がダボスで開催する国際会議です。今年、この会議の関連イベント「ジャパンナイト2018」が開催され、その乾杯酒に会員蔵・奥の松酒造(福島県“大吟醸雫酒 十八代伊兵衛” が採用され振る舞われました。

 

 世界の政治家、経営者、研究者などトップリーダーが一同に集結するこの国際会議の会場内でSRN会員蔵のお酒が乾杯酒に選ばれたのは、初めて。

ノーベル賞授賞晩餐会に採用されている神戸酒心館“純米吟醸 福寿”に次ぐ嬉しいニュースです。

 

 昨年の「全国燗酒コンテスト2017」ではトリプル受賞の快挙 を成し遂げるなど近年絶好調の同蔵ですが、酒造りの最高責任者・殿川慶一 杜氏( =写真 )にお祝いの電話をしましたら、「この勢いでお酒が売れるとよいのですがね」とのこと。 ご尤もです。

 

 

 

大吟醸雫酒 十八代伊兵衛

 

【大吟醸雫酒十八代伊兵衛】

  酒袋から自然に滴る雫だけを集めた貴重な酒。大吟醸造りの繊細さと芳醇な香味が絶妙。

 2017年:独立行政法人酒類総合研究所主催全国新酒鑑評会金賞受賞

 金賞受賞歴(平成10年~平成29年)計18

 

≪仕様≫

容量/1800ml720ml
日本酒度/+3.0
アルコール度/17
酸度/1.3
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/40%

 

2018-02-05(Mon)
 

「ご縁をつなぐ出会いの空間」をコンセプトに事業展開をされているギャラリ~「animo/アニモ」へ行ってきました!

ギャラリー経営の ㈱堀澄(ほりずみ)から送られてくる「粋いき・かわら版」の1月号を読んでいまして、

 

『創業66周年・新業態丸5周年 ありがとう創業祭』 の案内と

 

「ご縁をつなぐ出会いの場アニモ」

という表現に惹かれ、先週末、「MY猪口呑兵衛会」の集いでお邪魔して以来ほぼ1年半ぶりに堀澄さんのギャラリーを訪問してきました。 

 

  ここ ㈱堀澄 の代表取締役・ 堀田澄子さん は、本欄でお馴染みの東京中小企業家同友会・女性部の会員であり、また、「MY猪口呑兵衛会」の発起人のお一人でもあります。

 

ギャラリ~「animo/アニモ」 の所在地は、JRまたは日比谷線「南千住」駅から徒歩5分程度のビルの1階。

 


 部屋に入って誰しも驚くのは、室内を埋め尽くす絵画や美術作品それに展示商品です。

 

 

 

 

 

*このレディース向けの鮮やかな赤色のインナーシャツは、

SRNお馴染み 山口優子さんのJ-ART社 が通販しているとのこと

   

  訪問者の応対にお忙しい堀田さん(=写真)でしたが、合間にお話を伺ったり、来訪者の紹介をして頂いたりしながら前回訪問のときにはわからなかった ㈱堀澄 という組織の特徴が見えてきました。


 

   この日紹介された方のお一人が、広重の江戸百景遊び図を描いておられるイラストレーターの瀬谷(せや)昌男さん。 会社をリタイアしてイラスト専門にお仕事を楽しんでおられるという羨ましい才能の持ち主です。 前職は、設計技術者だそうです。

 

 

  ご紹介が遅れましたが、堀田澄子さん 2 代目。平成17 年に家業を引き継いで以降、新世代の感覚を前面に掲げて事業構造の転換に着手。3 年ほど前に従来の家具卸業(=写真下)から撤退し、「人と人のつながりを事業化する」 という新たな経営スタイルを創出されました。

 

 

 

   再構築された経営スタイルは、次のようになっています。

 

① 人や文化との出会いの場となる  「ぎゃらり~」

② 身の回り装飾品を創作する  「工房

③ 暮らしを潤す  「エステサロン」

 

という 3 つの施設 (店舗)を一体運営する独自の経営スタイルを創出 。

堀田澄子社長が全体を統括し、

長女でクリスタルアート作家・デザイナーの堀田真澄さんは 「クリスタルアート」 、

次女でエステティシャンの堀田佳澄さんは お一人様専用のビューティーサロン 「Sumi/スミ」

とそれぞれの店舗・工房を主宰する形の“3 本の矢”体制で臨んでいます。

 

 真澄さんが運営される工房 「クリスタルアート」 は、「ぎゃらり~」 と同じく1階にありますので覗いてみましたら、部屋中、華やかな作品で溢れていました。 

 

 

堀田真澄さん

 

このお店では、ファッションとアートを融合した創作の工芸品を制作・販売しています。アクセサリーや身の回り小物品が中心ですが、デザインも制作もすべてオリジナルの一点ものばかりで、地域の職人と共同開発した製品も増えているとのことです。

アクセサリーのほか、スカーフ・ハンカチも定番アイテムとして季節毎に新柄を製作。