連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第9回)です!

今回のエッセイは、「東京中小企業家同友会」女性部の部長を務められるなど女性経営者のリーダーとして活躍してこられ、また、SRNにとっては協賛の場を提供して頂くなど長いお付き合いを頂いています

 

佐久間 恵三(えみ)さん 株式会社あるふぁサポート 代表取締役会長)

 

からです。

 

 

        ・・・・・ ・・・・・ ・・・・

        

      「振り返れば、お酒に強くてラッキー!」

 

 20代では、ただただお酒に強いからと宴会でビール・日本酒を飲んでいただけでした。

 

 30代で、今の事業の初めの一歩で住友海上の仕事を始めて飲むことが仕事のONOFFの切替となって楽しんで飲めるようになりました。

 

 40代では飲みまくり、二次会・三次会は当たり前で日付変更線を越えても飲んでました。

 

 50代で東京中小企業家同友会に入会し、経営者としての学びをスポンジのように吸収していきました。

 

特に女性部は、尊敬できるステキな女性経営者がたくさんいらっしゃって、現在「あきない塾」となった増収増益セミナーの勉強会のおかげで同業者より一歩前に出られて本当に役に立ちました。

 

 そして私が女性部部長を拝命された時に日本酒ライスパワー・ネットワークさんとの素晴らしいご縁があり、女性部の納涼会や望年会には数々の日本酒はもちろん、低アルコール度の物やシャンパンタイプのカラフルな商品をご紹介いただけました。

そうした経験から美味なお酒をじっくり嗜むようになってまいりました。

 

 これらがキッカケとなって今や人気のMY猪口呑兵衛会」が同好会として発足し、次回は10回目開催となります。

 先日の呑兵衛会では、山形から千代寿虎屋の大沼社長さんが出羽の里「千代寿」などを、

 

 

そして山口から酒井酒造の酒井社長さんが「五橋」などを、

 

 

 さらに長野からは橘蔵酒造の井出社長さんが夏吟醸「無尽蔵」などを提供して下さいました。

 

 

中でも井出社長さんは私の斜め前でしたので、昨年「蔵」を飲んだ折のFBにアップした写メを見て下さいました。ところが帰宅して判明したのですが、私の好きな日経新聞の数日前の「交遊抄」(中央葡萄酒社長 三澤茂計氏) に、何と井出社長さんのお名前が挙がっているではありませんか!

 

とりわけ痛風でもお付き合いされるという箇所 ― 「 ・・・ 大阪で開いた会合にサンダルで来たことがあった。何事かと思えば痛風で靴が履けないという。なのに食を語るのだからと、会議後も痛みを押してつきあってくれた。・・・ 食の聖職者という言葉がこれほど似合う人はいない― 私も痛風発症経験者だったので印象に残っていたのですが、まさにその方とお話していたなんて・・・感激でした。

 

 そのほかこれまで一ノ蔵の会長さんにも女子大生や他の女性経営者とのコラボの会などでは大変お世話になり光栄でした。

 

 日本で生まれてお正月はお屠蘇でお祝いすれば、そろそろ酒屋さんの軒先に吊るされた緑色の杉玉が“新酒”が出来たと伝えてくれて、緑の色が薄くなってくれば“夏酒”が!だんだん茶色に変わって秋が来て“ひやおろし”が!

四季折々のお酒とそれに合うお料理と日本酒の奥深さをたくさん教えて頂いて感謝しております!

 

 これらの美味しい日本酒を若い方々、さらには世界中の人たちにも味わってもらい「次世代の呑兵衛」になって欲しいと願っている此の頃です。

 

 

≪佐久間さんのプロフィールと自己紹介≫

株式会社あるふぁサポート 代表取締役会長

125-0063 東京都 葛飾区 白鳥 2-3-3

TEL03-3604-3088  FAX03-3604-1503

東京中小企業家同友会 女性部顧問

MY猪口呑兵衛の会 幹事  

 

大学時代は少林寺拳法部の初代女子マネで運動神経はないですが、精神的には体育会系です。 住友海上の研修生OGで特級代理店第1号。現在は生き残りをかけて三大メガ損保・生保6社を取扱い来店型SHOPにしてレンタルセミナールームも運営して地域に貢献しております!

スポンサーサイト
2018-07-12(Thu)
 

蔵元情報 2018年7月(Ⅱ)・・・蔵見学など

■■■ 蔵見学 ■■■

 

◆酔仙酒造

 

*お一人様 〜 30名様まで蔵見学のご案内が可能です。

*ご希望の方は事前にお電話もしくは「お問い合わせ」ページ内のフォームよりご連絡頂けますと幸です。  ☎:0192-47-4130

*お一人様 〜 30名様まで蔵見学のご案内が可能です。

*ご希望の方は事前にお電話もしくは「お問い合わせ」ページ内のフォームよりご連絡頂けますと幸です。  ☎:0192-47-4130

 

一ノ蔵

 

<夏季土・日・祝日休業のお知らせ>
6
9()99()はお酒の仕込み作業を行っておりません。
この期間は平日の営業日のみの見学となり、土・日・祝日の蔵見学はお休みを頂戴いたします。

※蔵見学はご予約制となります※

一ノ蔵の蔵見学は、専用に設けた見学回廊より、窓越しに一ノ蔵の「手づくり」による酒造りの現場の様子をご覧いただける他、各所に実際に酒造りに用いる道具や解説パネルを展示しております。
また、ちびっこ向けのクイズコーナー等もございます。
 10月~6月までの仕込み期間中は実作業の模様もご覧いただけます。
特に、麹作業と酒母や醪(もろみ)の仕込みは、午前中を中心に行われます。


ご覧いただける作業内容(作業場所)
午前10時頃    
お米蒸かし上がり(3階 原料処理室)
こうじ室へ蒸し米を運搬(3階 こうじ室)
午前10時30分頃 
酒母の仕込み(3階 酒母室)
午前11時頃    
醪(もろみ)仕込み(2階 もろみ仕込み室)
(作業内容によって時間が前後することがあります。)
この時間がおすすめです。
是非、一ノ蔵本社蔵の蔵見学へお越し下さい。


<蔵見学の流れ>
1、お電話またはメールにて事前にご予約ください。その際は、
1)ご希望日
2)ご希望の見学時間
3)代表者お名前
4)ご連絡先
5)参加人数   をお知らせください。
※蔵見学は1名様より承ります。都合によりお断りする場合もございますので、事前に電話またはメールにてご予約の上お越しください。

 

◆鈴木酒造店

 

*正月3日間以外は、酒蔵開放し、酒造りの様子をご案内しております。

*近隣には、武家屋敷の町並みで有名な角館町と日本一の水深で有名な田沢湖町があります。春には桜並木を散策夏は新緑にふれ秋は紅葉を楽しみ冬は雪景色を眺めと四季を通じて秋田らしい風情を感じることができます。また当社は、角館町・田沢湖を含む「北浦地方」の中、ただ一つの造り酒屋となります。


「秋田新幹線こまち」をご利用のお客様は角館駅から車で10

JR田沢湖線」をご利用のお客様は羽後長野駅から徒歩で10

「羽後交通バス」をご利用のお客様は「中仙局前」バス停から徒歩で1

「道の駅中仙」(こめこめプラザ)から車で1

 

◆橘倉酒造

 

【蔵見学対応期間】

・年末年始を除き、通年可能
 事前予約を必ずして下さい。

【所要時間】

・約1時間
 必要に応じて時間調整可

【見学料】

・無料

【定員】

・数名~50名

【駐車場】

・大型バス1台

【見学内容】

・酒造りのDVD(約20分)
・蔵内見学(約20分)
・試飲販売(約20分)
 必要に応じて時間調整可

【おみやげショップ】

・アンテナショップ「酒楽」
 橘倉酒造敷地内に併設。
 ご試飲、ご購入いただけます。

 

ご見学は必ずご予約ください。

見学は事前予約にて承ります。下記のメールアドレスでご連絡いただくか、
下記フリーダイヤルへお電話にてお申込下さい。

【お申込先&お問い合わせ先】

お申込先:橘倉酒造株式会社 アンテナショップ 「酒楽」蔵見学係

 

◆武重本家酒造

 

年に一回の「酒蔵開放」の日(毎年、春分の日に開催)には、工場(酒造蔵)の中をお見せしています。(延べ2万人以上の方がご覧になっています)

さらに、その年の新酒のほとんどと、通常商品のほとんどがきき酒できます。少なくとも30種類以上のきき酒が可能です。

いろいろなお酒を飲んでいただいた反応が直ぐに分かるというのはとても有り難いことで、この蔵開放で評判の良かったお酒がいくつも新商品となっています。

 

◆千曲錦酒造

 

「千曲錦酒造」見学予約申込

 

千曲錦酒造の精米所・オーク樽熟成貯蔵庫等(所要時間 約20分)の見学のお申込みができます。  見学は平日(9001500)のみとなっております。
 尚、 ショップでの試飲・販売は、団体のお客様以外はご予約なしで、平日 9001600、土・日・祝 10001600  営業しておりますので、お気軽にお越しください。

フォームの始まり

 

◆花の舞酒造

 

 kurakengaku.jpg

見学時間

10001800 *所要時間:60分〜90

料金

無料

休業日

年始(112)

人数

150

駐車場

無料(バス3台まで収容可能)

要予約

予約直通 0120117322 FAX0535822226 メール info@hananomai.co.jp

*弊社休日及び営業日の1700以降のお電話は、留守番電話での対応となっております。

*宮口駅から花の舞酒造まで徒歩5 

◆丹山酒造

 

丹山酒造では、お酒の事をより理解していただけるよう、酒造見学を行っております。
京都の観光に来られた際は、是非お立寄りくださいませ。 酒蔵の入口でお酒ができるまでのビデオをみていただきながら、きき酒をしていただきます。 せっかくお越しいただきまして、申し訳ありませんが仕込み蔵の中にはお入りいただけません。

 

お問い合わせは

TEL0771-22-0066

FAX0771-22-2087

621-0812 京都府亀岡市横町7番地
TEL / 0771-22-0066 FAX / 0771-22-2087
営業時間 9時~18時(年中無休)
酒造見学 830分~1700
年中無休
団体のお客様は
 「10日前」までにお電話でご予約ください。

昔ながらのいろりのお部屋できき酒をお楽しみいただけます。
お部屋には、比叡山の酒井大阿闍梨様に揮毫いただきました額を飾っております。

 

 

◆富久錦

 

 見学料金

 無料(要ご予約)

 ご案内時間

 午前10:0011:00 
※冬場はご希望に添えない場合もございますがご容赦頂きますようお願い致します。

 所要時間

 20分程度

 設備

 駐車場(乗用車・バス対応) トイレ(あり)

 所在地

 兵庫県加西市三口町1048

 お問い合わせ

 0790-48-2005
【直営店ふく蔵 営業時間 10:0018:00


富久錦では酒蔵見学を承っております。実際にお酒を造っている酒蔵の空気を肌で感じていただくことで、富久錦のお酒をよりお楽しみいただければと思います。敷地内には「直営店ふく蔵」もございますので、お食事やお買い物・ギャラリーなどお時間の許す限りたっぷりとお楽しみ下さいませ。

蔵見学は必ず事前にお問い合わせの上、ご予約いただきますようお願いします。(※当日不可)
(
蔵見学は直営店ふく蔵のスタッフがご案内させていただきます。)

 

◆神戸酒心館

 

神戸酒心館では、お客様の要望や時間に応じて三つの蔵見学コースを無料で実施しています。AコースとCコースは、申し込み不要(但し、Aコースは6名以上は事前予約が必要)ですが、フルコースプランとして40~60分の所要時間が必要なBコースは、2日前までにご予約をお願いいたします。
 蔵見学の後に全てのコースにおいてきき酒をご用意していますので、蔵ならではの「福寿」の味わいも堪能できます。
(車などを運転される方、未成年者にはきき酒のご提供ができません)

Aコース> ビデオ + 利き酒 + お買物

所要時間:40
期間:通年(12月を除く)
時間:10:0018:00(17:00までにご来館ください)
参加費:無料
申込み:5名以下は不要(6名以上は要予約)

Bコース> ビデオ + 蔵見学 + 利き酒 + お買物

所要時間:4060
期間:通年(12月を除く)
時間:毎日11:00(相談に応じます)
対応人数:1名様から50名様(50名様以上は別途お問い合わせください)
参加費:無料
申込み:申し込み/2日前までに要予約

Cコース> 利き酒 + お買物

所要時間:30
期間:通年
時間:10:0018:00
参加費:無料
申込み:不要(20名以上は要予約)

※蔵見学の予約・問い合わせは東明蔵078-841-1121までご連絡ください

<蔵見学のご予約・お問い合わせ>

東明蔵: ℡ 078-841-112110時~17時)

 

◆嘉美心酒造

 

 酒蔵見学

見学後希望日の3営業日前にはお電話(0865-54-3101)もしくはE-mail(info@kamikokoro.co.jp)などにてお問合せ下さい。
仕込期間中(11月頃~3月初旬頃)以外は、作業ではなく、設備の見学なる事をご了承ください。見学時間は試飲販売のお時間を合わせて約1時間から2時間程度です。
大人数でのお申込み、大型バス等での来社の場合は1週間以上前にはご連絡お願いいたします。
都合上、見学をお断りする場合もございます事をご了承ください。
食品を取り扱っておりますので、衛生上問題がある等の理由ででお断りする場合がございます。
見学は無料で承っております。
嘉美心酒造は夏季土日祝日 冬季日祝日を休日とさせて頂いております。

ご試飲
お酒の販売

無料で試飲ができますが、ドライバーの方、未成年の方は試飲できませんのでご了承ください。 

アクセス

714-0101
岡山県浅口市寄島町
7500-2
【電車の場合】JR里庄駅、JR鴨方駅からタクシーで15分程度

【お車の場合】 山陽自動車道・鴨方ICより約15

周辺観光地

観光地
寄島園地(徒歩10分)子供用遊具がたくさんあり酒蔵で大人が楽しんだ後のご機嫌取りに
大浦神社(徒歩5分)嘉美心2代目松三郎が分祀した「松尾大社」のある神社
倉敷美観地区(車40分)岡山で一番有名な観光地?です。
 白壁の街並みや大原美術館などが有名です。

 

 

賀茂泉酒造

 

本仕込賀茂泉では、蔵見学をご希望の方に、お酒が出来るまでの工程や蔵に関するお話、 蔵内のご案内をさせていただいております。ご来蔵される方のお手持ちの時間によって、見学内容を相談のうえプランニングいたします。
見学内容と所要時間の目安をご覧いただき、ご予約申込くださいますようお願い申し上げます。

 

<蔵見学の内容と所要時間の目安>

*酒造りビデオ鑑賞:約25

*蔵内のご案内:約10

*醸造蔵の見学:約30

*お酒や蔵のお話: 約10分~15

*試飲:約10分~15

*お土産お買い物など

 

*見学時間:平日AM8:3012:00PM1:30PM5:00
土日及び祝祭日の見学につきましては、基本的にお断わりしております。 

土日にお越しの場合は、併設の酒泉館が営業しております。詳しくは 酒泉館ホームページをご覧ください。

*受入可能人数:40名未満(お一人様から見学できます。)
40名以上の見学は施設の関係でお断わりしております。

*見学申込の際の注意事項:お申し込みに関しましては、ご来蔵日の1週間前までにお申し込みください。
お申し込みの受付後に弊社より電話又はEメールにてお返事をさせていただきます。
時期やお申込内容によっては、ご希望に添えないことがございます。ご了承ください。

お車でのご来蔵について:大型バスの駐車スペースはございません。お車でお越しの場合、運転者の方は、試飲はできません。

*蔵見学予約申込: お電話でのお申込(平日8001700まで)
賀茂泉酒造(代表電話)  
082-423-2118
インターネットからのご予約お申込は下記のボタンを
クリックしてください。

お問合せ ご予約お申込み

 

◆酒井酒造

 

蔵元見学をご希望の方は下記のフォームもしくはお電話でお申し込みください

【注意事項】
※蔵見学は: 1~4月:お受けしておりません。

5月:第2、第4土曜日13:0016:00可能
6~9月:見学可能。都合によりお断りする場合がございます。
10~11月:第2、第4土曜日13:0016:00可能
12月:お受けしておりません。

※見学はお1人様または20人を超える場合は対応できません。
※駐車場は若干数(2〜3台)の駐車スペースがございます。
※見学時間は午前10:0012:00、午後1:004:00です。
5月および1011月は第2、第4土曜日13:0016:00
※蔵元見学のお申し込みはご希望日の7日以上前にお申し込みいただきますようお願いいたします。 
※見学のお申込に対するご連絡はPCからご返信させていただいております。ご返信先を携帯電話のメールアドレスでご登録される場合、PCからのメールを受信できる設定にしてください。弊社からのご連絡が届かなかった例が散見されております。

 

 

■■■ その他 ■■■

 

◆酔仙酒造

 

≪カラーミーショップ大賞2018にノミネートされました!≫

 gmo.jpg

 

 いつも酔仙酒造をご愛飲頂き、誠に有り難うございます。

 この度、酔仙オンラインストアが『カラーミーショップ大賞2018』にノミネートされました!! 現在、一般投票開催中です。

ワンクリックで11票、簡単にできますので、皆さまぜひ応援をよろしくお願いします!!

 カラーミーショップ大賞2018

酔仙オンラインストア投票画面

 

◆鈴木酒造店

 

≪蔵の衣替え≫

http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180818_main.jpg

 

今年もまた衣替えの季節が巡ってきました。秀よしでは、夏の装いは紺色のポロシャツになります。また、玄関から入ってすぐ目に入る、「丸に立梶」ののれんが、黒から白へと変わります。
向かって右手には緑でいっぱいの庭。色とりどりの樹木や花で溢れているのが、私のお気に入りでもあります。
http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180818_sub01.jpg
http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180818_sub02.jpg

 
お客様用の座布団も、夏仕様になっています。気づきましたか?
http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180818_sub03.jpg


梅雨入りして、落ち着いた風情の酒蔵の佇まいは、ほんのり艶やかになりました。
酒蔵見学に来てみてください。

 

鈴木酒造店 秀よし 著者画像

加藤しのぶ

 

ハピネッツの選手が来社されました

 

http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180629_sub05-min.jpg

66日(水)、当蔵に秋田ノーザンハピネッツの中山選手、保岡選手がシーズン終了報告のため来社されました!!

http://hideyoshi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180629_sub01-min.jpg

社長のチャーミングなドリブルでお出迎え(*^^)v

◆賀茂泉酒造

 

≪うなぎと朱泉本仕込 

720日と81日は土用の丑の日です。うなぎを朱泉本仕込でどうぞ

       

日本名門酒会の「プロが選んだウナギに合う酒コンテスト」で3年連続入賞した、朱泉本仕込をうなぎの蒲焼と一緒にいかがでしょうか?美味しく食べて暑い夏を乗り切りましょう!

http://www.kamoizumi.co.jp/jpg/t20180627-145832-0.jpg

 

 

 

 

  

 

 

http://www.kamoizumi.co.jp/jpg/t20180627-145900-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-07-09(Mon)
 

蔵元情報 2018年7月(Ⅰ)・・・イベント、試飲会、製品情報

■■■ イベント ■■■

 

◆六歌仙

 

酒縁川嶋主催 日本酒フェスティバル2018開催

のお知らせ

酒縁川嶋さん主催の日本酒フェスティバル2018が行われます。たくさんの蔵が集う、日本酒好きにはたまらないイベント。六歌仙の選りすぐりの美酒の中から、自分に合ったお酒を探し出してください。

今年の品目はこちら!

http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/swfu/d/y-jungin.jpg  http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/swfu/d/yk-usu.jpg

山法師 純米吟醸     山法師 純米吟醸
うすにごり

http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/swfu/d/r-godan_1.jpg  http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/swfu/d/h-jun1.jpg

六歌仙 五段仕込み純米      スパークリングSAKE  ひととき純米

http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/swfu/d/yk-bakurai.jpg  

山法師 爆雷辛口 生原酒

 

( 昨年は出品のみの参加でしたが、今年は社長の松岡と営業部の齋藤が参加します。
二人とも初参加ですのでお手柔らかにお願いします。)

日時等> 午前の部・午後の部の2部構成になっております。
チケットは昼か夜をお選びいただけるものと、一日券の二種類ございます。

*日 付:2018.07.08()

*時 間:昼の回 12:0015:00
夜の回 16:0019:00

*会 場:大崎ブライトコアホール
東京都品川区北品川5-5-15

*チケット: 購入をご希望の方は、『お名前・お電話番号・御住所・ご購入枚数・お支払方法・お受け取り方法』をお電話または以下問い合わせフォームより六歌仙へご連絡ください。
     お問い合わせフォーム
     TEL0237-42-2777
お問い合わせ内容に酒縁川嶋日本酒フェスティバルについてという項目を設置しております。

*お支払方法:下記口座へのお振り込みをお願いいたします。手数料はお客様でご負担ください。

ゆうちょ銀行 二四九店
         口座番号:0003756
         預金種目:当座
         宛名:株式会社 六歌仙

 山形銀行 東根支店
                普通 0104124
                宛名:株式会社 六歌仙

*お受け取り方法:当日の引き渡し、または郵送いたします。

 

◆奥の松酒造

 

≪奥の松プレゼンツ「三遊亭鳳楽独演会」の開催≫

◇日時・会場

*日 程: 201884日(土)
*会 場: ウェディングパレス かねすい
*会 費: 5,000円(税込)
*開 宴: 午後330分(受付開始は午後300

※午後530分より食事会がございます。
 お酒をご用意しております、運転の方は飲酒をご遠慮願います

*会 場 :  ウェディングパレス かねすい
964-0801
福島県二本松市向作田18−11

 

http://okunomatsu.co.jp/info/event/images/H30_rakugo.jpg

※締切後のキャンセルはキャンセル料が発生する場合もございます。

 

◆神戸酒心館

 

おじろの夏鹿と“ひやおろし”を楽しむ会

鹿肉は秋から冬の味覚として親しまれますが、鹿は8月に脂をたくわえる習性があり、夏に獲れる鹿肉が最も美味と言われます。
兵庫県香美町小代地区の「小代鹿(おじろじか)」のブランドで知られる鹿肉は有名で、夏に罠猟で獲った鹿肉を冷凍し、肉の旨みを引き出すためにひと月ほどじっくりと熟成させています。熟成させることで旨みに深みが増し、それでいて驚くほど上品で臭みがなくシンプルな味わいです。
 今回の旬の会では、最も美味しい時期に獲れるおじろの夏鹿を会席仕立てでお楽しみいただくとともに一風変わった「鹿の骨酒」もご用意いたします。滋味豊かな鹿肉を半年熟成の限定酒「ひやおろし」とともにご堪能ください。

 

■日時:201896日(木) 19:00 開宴
■料金:10,000円(料理・酒含む・税込)
■会場:神戸酒心館 さかばやし
★ご予約・お問合わせはTEL078-841-2612(さかばやし)まで。
当会は40名様限定となりますので、ご予約はお早めにお願い致します。

 

 旬の会(おじろ鹿)

 

 

◆梅錦山川

 

≪松山ビアフェスタ2018

*平成30720日(金) 17時~21
*平成30721日(土) 11時~21
*平成30722日(日) 11時~17
*場所:松山市 堀之内公園

 

 

■■■ 試飲会 ■■■

 

◆一ノ蔵

 

 (松 島) 714日~16日………むとう屋(松島町松島字普賢堂23
(
南三陸) 728日………南三陸復興市(志津川仮設魚市場特設会場)

<宮城県外>
(
神奈川) 711日~17日…横浜タカシマヤ(酒売り場地下1)
(
東 京) 725日~31日…………西武池袋本店(酒売り場地下1)

 

 

     

■■■ 製品情報 ■■■

 

一ノ蔵

 

≪一ノ蔵 生もと特別純米酒 耕不(こうふじん)

 

一ノ蔵 耕不盡720ml.jpg 

 

一ノ蔵では創業以来手づくりによる酒造りを行ってまいりました。より良い酒を安定的に醸すには、技術の研鑽と共に発酵に関わる微生物を正しく管理・制御していくことが重要です。その集大成が江戸時代中期に確立した生もと造りといえます。生もと造りは乳酸菌を始めとする多くの微生物を利用、淘汰させ目的の清酒酵母を育てる酒母の製法です。
 かつて先人たちは、アルコール発酵の仕組みや微生物の存在が分からなかった時代に、長年の経験則を基にしてそれを管理、制御してきました。その中には更なる進化へと導く技術や知識が詰まっていると考え、この度一ノ蔵は生もとによる酒造りへ挑戦しました。
 醸造器具の作製から蔵人自ら手がけ、小規模な造りで五感を駆使して醸したお酒は、適度な熟成を経てこの度製品に仕上がりました。
 本品は数にとても限りがありますゆえ、一ノ蔵HP上でのみの取り扱いとさせていただきます。
 商品の詳細とお申し込みは、耕不盡専用ページをご覧ください。


一ノ蔵 生もと特別純米酒 耕不盡専用ページはこちらをクリックください。

 

◆富久錦


《「新緑の播磨路」が、SAKE COMPETITION 2018 ラベルデザイン部門 にて第1位を受

 


sakecom.jpg

 

2018-07-06(Fri)
 

『MY猪口呑兵衛会』の案内が届きました!

 MY猪口呑兵衛会』を主宰されていますお馴染み JART

  代表・山口優子さんから   

  9月5日開催 の案内チラシが送られてきました。

 

 

● SRNは、この会の意義を認めて毎回協賛してきましたが、山口さんのお話では、「今回は50名ほどを予定しておりますが、会場のお食事が呑み放題付きであることと、ご講演いただく上杉先生絡みの蔵元さまからも日本酒のご協賛を頂けるようです。」とのこと、随分賑やかな会になりそうです。 SRNからはこれまでと同様に蔵元さんが出席の予定ですので是非ご参加ください。

 

 

2018-07-04(Wed)
 
プロフィール

日本酒ライスパワー・ネットワーク

Author:日本酒ライスパワー・ネットワーク
日本酒ライスパワー・ネットワークが運営するブログ.
低アルコール酒(日本酒系ソフト酒)をはじめ、日本酒に関するさまざまな情報、蔵元の情報を発信します。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR