FC2ブログ

連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第8回)です!

今回のエッセイは、 日本文化伝道師として知られる行動派女性

新井 淑子さん (株式会社 東京円結び 代表取締役)からです。

 

 

 

      私の感性から感じる海外での日本酒普及の可能性と現在

               ― 20186月の旅より

 

会社の指針は「日本文化の継承システムを構築する」という壮大な目標で20158月に起業致しました。

 

現在、『梅の畑農園 梅干』の全国総代理店として活動する一方、20142月より継続しております北千住Cwave局インターネットTV番組『オールライト ニッポン』を企画・出演し今年の1224日には放送200回目となります。番組は50分、毎回ゲストさんにご登場頂き、新旧ないまぜに様々な日本文化を視聴者の方々へ紹介&一緒に勉強しながら、今の日本の「何を残して行こう?何を残せば良いのか?」を考える番組となっております。

 

 元々絵描きでありロゴ・デザイナーでもある私だけでは心もとないので、経済学者でいらっしゃる シグマキャピタル株式会社のチーフエコノミスト田代 秀敏 先生と浅草おかみさん会の裏方をされていらっしゃる 美食観劇コメンテーターMika Udagawaさんのお二人に毎回交互に番組進行サポートを頂いております。

 

 そして何より有り難いことにスタート当初より1853年開園 日本で最古の遊園地の浅草 花やしきさん にメインスポンサーとなって頂き、今をときめく歌舞伎役者 尾上松屋さんのご母堂様で新派女優でもある井上盛惠さん、また1960年代TVドラマでご活躍され再びご活躍中の女優の大川栄子さんなど著名なゲストさんにもご出演頂き、過去180名余りのゲストさんをお迎えして参りました。是非、酒蔵のご当主様方々にも東京へご出張の折には、ご出演頂けたらと思っております。宜しくお願い致します。

 

 さて、自己紹介と会社の現状話が長くなってしまいましたが、今回、私の訪れてきた街は4カ国4都市。アムステルダム、ヘルシンキ、サンクトペテルブルグ、パリでの日本酒体験のお話を中心にお伝えしたいと思います。

 

たまたまアムステルダムでのBARの店長さんが日本フリークで冷蔵庫に5種類のお酒を揃えていました。またヘルシンキのフィンランド人経営者が運営する日本食レストラン『東京55』で3種類、パリのドイツ系フランス人の経営するお好み焼き屋さん『AtsuAtsu』でも5種類の日本酒(焼酎含む)がありました。

   

 

 

 

アムステルダム 中央駅 徒歩1分のBAR Cafe Karpershoek」日本の武術を習っていると言う日本好きの店長

 

 

 

パリ 現地フランス人友人お勧めの人気店「atsuatsu」たこ焼き、

焼きそば、お好み焼き以外にも庶民的な日本食が色々

 

 

cid:16432d30618c608a7ed5

 

アツアツのたこ焼きとワイングラスに入った焼酎

  

 上記以外の街でも友人の渡航話から、アジアの主要都市を含め日本人の利用頻度の高い地域や主要都市のレストランメニューに「SAKE」の含まれている事は周知になってきています。その反面、今回訪れた4ケ国4都市の免税店や街の中の酒屋などで、残念ながら店頭の冷蔵庫で目に掛かる事はありませんでした。それだけにまだまだ伸び白のある物だと改めて実感しております。

 

 やはりお酒の好きな私でも韓国のマッコリなど、馴染みの少ないお酒を注文・購入するには、何らかの後押しが必要です。例えば韓国料理以外の自国料理(日本食)で何と合わせれば良いのか?要するに食べ合わせの具体的な料理の提案、そして製造国のイメージを脱した酒器などの具体的な提案です。

 そのためには、此方も現地の文化や習慣についてある程度の理解と柔軟な思考が必要となることは否めないと感じています。例えば酒器などへのイメージ転換。冷酒でも陶器で飲む方が日本酒ラシイと感じる感性。また現地の料理や習慣に馴染んだ器の提案。食洗機や飲食店では日本の様にデリケートな食器に慣れていない店員も多いヨーロッパなどはシンプルで且つ頑丈な器でのサーブが必須条件となるでしょう。それには、言語を超えて五感に直接 語りかける写真や動画での発信が何より効果的です。

 

 特にフランスでは、変わらぬ日本ブーム。いえ、既に文化として更に日本への興味が深まっている今、先ほど挙げたお好み焼きでは、フランス人オーナーが自ら日本へ赴き料理の技術や材料などについて深く学び、それを現地向けにアレンジして提供しています(店頭の日本人シェフからの情報提供)。そうした日本の飲食に対して情報を求めている経営者とのコンタクトが可能なコンベンションやイベントで御協会などが日本酒のみならず、食の業界との連携、そして海外の方々(国柄や)に馴染んでもらえる機会を増やしていかれる事で間違いなく日本酒も世界のスタンダードなお酒として愉しんでもらえる存在になっていくと確信しております。

 

 プラス商品ブランディングを事業の一つとして行なっている身としては、国内の女性向けのみの工夫でなく、海外向けの商品構成としてラベルやボトルの形状、またパッケージなどの色彩面も工夫されると状況が変わってくると感じております。それには新たな経費は最小限にして現状で対応可能な工夫が必要となって来るかと思います。そんな折にはブランディング&イメージ戦略のお手伝いとして当社を思い出して頂ければ幸いです。

 

≪新井さんからもう一言≫

以前、貴ネットワークのイベント「女性起業家〜」に参加させて頂きました折には、自己紹介で紀州の南高梅『梅の畑農園 梅干』のブランディングアピールをさせて頂いたり、ラベルデザインなどを手がける事で梅干販売の代理店をさせて頂いているお話をさせて頂きました。また酒蔵のオーナー様方々と直接お話する機会を頂き、日本酒作りの事など現場の貴重なお話を聞かせて頂けたこと、非常に勉強になりました。ありがとうございました。

スポンサーサイト
2018-06-25(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

日本酒ライスパワー・ネットワーク

Author:日本酒ライスパワー・ネットワーク
日本酒ライスパワー・ネットワークが運営するブログ.
低アルコール酒(日本酒系ソフト酒)をはじめ、日本酒に関するさまざまな情報、蔵元の情報を発信します。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR