連載 「アクティブ・レディースの 『日本酒随想』 」 (第9回)です!

今回のエッセイは、「東京中小企業家同友会」女性部の部長を務められるなど女性経営者のリーダーとして活躍してこられ、また、SRNにとっては協賛の場を提供して頂くなど長いお付き合いを頂いています

 

佐久間 恵三(えみ)さん 株式会社あるふぁサポート 代表取締役会長)

 

からです。

 

 

        ・・・・・ ・・・・・ ・・・・

        

      「振り返れば、お酒に強くてラッキー!」

 

 20代では、ただただお酒に強いからと宴会でビール・日本酒を飲んでいただけでした。

 

 30代で、今の事業の初めの一歩で住友海上の仕事を始めて飲むことが仕事のONOFFの切替となって楽しんで飲めるようになりました。

 

 40代では飲みまくり、二次会・三次会は当たり前で日付変更線を越えても飲んでました。

 

 50代で東京中小企業家同友会に入会し、経営者としての学びをスポンジのように吸収していきました。

 

特に女性部は、尊敬できるステキな女性経営者がたくさんいらっしゃって、現在「あきない塾」となった増収増益セミナーの勉強会のおかげで同業者より一歩前に出られて本当に役に立ちました。

 

 そして私が女性部部長を拝命された時に日本酒ライスパワー・ネットワークさんとの素晴らしいご縁があり、女性部の納涼会や望年会には数々の日本酒はもちろん、低アルコール度の物やシャンパンタイプのカラフルな商品をご紹介いただけました。

そうした経験から美味なお酒をじっくり嗜むようになってまいりました。

 

 これらがキッカケとなって今や人気のMY猪口呑兵衛会」が同好会として発足し、次回は10回目開催となります。

 先日の呑兵衛会では、山形から千代寿虎屋の大沼社長さんが出羽の里「千代寿」などを、

 

 

そして山口から酒井酒造の酒井社長さんが「五橋」などを、

 

 

 さらに長野からは橘蔵酒造の井出社長さんが夏吟醸「無尽蔵」などを提供して下さいました。

 

 

中でも井出社長さんは私の斜め前でしたので、昨年「蔵」を飲んだ折のFBにアップした写メを見て下さいました。ところが帰宅して判明したのですが、私の好きな日経新聞の数日前の「交遊抄」(中央葡萄酒社長 三澤茂計氏) に、何と井出社長さんのお名前が挙がっているではありませんか!

 

とりわけ痛風でもお付き合いされるという箇所 ― 「 ・・・ 大阪で開いた会合にサンダルで来たことがあった。何事かと思えば痛風で靴が履けないという。なのに食を語るのだからと、会議後も痛みを押してつきあってくれた。・・・ 食の聖職者という言葉がこれほど似合う人はいない― 私も痛風発症経験者だったので印象に残っていたのですが、まさにその方とお話していたなんて・・・感激でした。

 

 そのほかこれまで一ノ蔵の会長さんにも女子大生や他の女性経営者とのコラボの会などでは大変お世話になり光栄でした。

 

 日本で生まれてお正月はお屠蘇でお祝いすれば、そろそろ酒屋さんの軒先に吊るされた緑色の杉玉が“新酒”が出来たと伝えてくれて、緑の色が薄くなってくれば“夏酒”が!だんだん茶色に変わって秋が来て“ひやおろし”が!

四季折々のお酒とそれに合うお料理と日本酒の奥深さをたくさん教えて頂いて感謝しております!

 

 これらの美味しい日本酒を若い方々、さらには世界中の人たちにも味わってもらい「次世代の呑兵衛」になって欲しいと願っている此の頃です。

 

 

≪佐久間さんのプロフィールと自己紹介≫

株式会社あるふぁサポート 代表取締役会長

125-0063 東京都 葛飾区 白鳥 2-3-3

TEL03-3604-3088  FAX03-3604-1503

東京中小企業家同友会 女性部顧問

MY猪口呑兵衛の会 幹事  

 

大学時代は少林寺拳法部の初代女子マネで運動神経はないですが、精神的には体育会系です。 住友海上の研修生OGで特級代理店第1号。現在は生き残りをかけて三大メガ損保・生保6社を取扱い来店型SHOPにしてレンタルセミナールームも運営して地域に貢献しております!

スポンサーサイト
2018-07-12(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

日本酒ライスパワー・ネットワーク

Author:日本酒ライスパワー・ネットワーク
日本酒ライスパワー・ネットワークが運営するブログ.
低アルコール酒(日本酒系ソフト酒)をはじめ、日本酒に関するさまざまな情報、蔵元の情報を発信します。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR